介護ホームのサービス内容

subpage1

介護ホームのうち介護付有料老人ホームは民間の施設であり、サービス内容は施設によって違いがあります。



介護専用型の介護ホームは要介護認定を受けている高齢者だけが入所することができ、介護福祉士による身体介護や、理学療法士によるリハビリテーションなどのサービスが受けられます。
介護ホームのうち混合型の施設は、要介護認定を受けていない自立されている高齢者や、要支援認定を受けている高齢者も入所することが可能です。混合型の介護ホームのサービス内容は施設によって違いがありますが、趣味のサークル活動やレクレーションなどを楽しむことができます。介護付有料老人ホームのメリットは、サービス内容が充実している施設が数多くあり、目的に応じて自由に施設を選べることです。

コトバンクの情報ならこちらにお任せ下さい。

介護サービスは365日24時間にわたって受けることができ、医療ケアが受けられる施設も多いです。


ただし、自立できる高齢者が入所できる施設はあまり多くありません。

介護付有料老人ホームはサービス内容が充実していますが、特養と比べると費用が高額になる点がデメリットになります。

入所する際には数千万円の一時金が必要になる施設もあり、入所するためにはある程度の経済力が必要になります。

しかし、一時金が0円で毎月の利用料が低額の施設も数多くあります。


介護付有料老人ホームに入所できる年齢は65歳以上からになりますので、65歳未満の方は入所することができません。

介護レベルは要支援1から要介護5までの方が入所できる施設が多いです。

介護ホームを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。