介護ホームの種類について

subpage1

一口に介護施設と言っても様々な形態があり、用途も違います。実際に利用しようとしても違いが分からないため本当に受けたかった介護やサービスがその施設にはない、または受けられなかったという事があります。

多種多様となった介護ホームの種類について特色についてご紹介します。

まず一番利用される人数が多いと思われる介護ホームは特別養護老人ホームです。

All Aboutの口コミ情報を参考にしよう。

こちらは医療行為はなく介護に重きを置いた施設となっています。

基本的に介護度3以上が対象となり、日常の生活をほぼ施設内で賄います。

医療行為は行っておりませんが、必要な場合は処置を行う事もあります。


次に老人保健施設です。
こちらはあと数年で制度改正のためなくなる施設ではありますが、病院から退院した方ですぐに在宅での生活が難しい人のためのリハビリ施設のようなもので、比較的介護度が低く要支援~要介護2程度の方が入所されます。

老人ホーム紹介情報を多数ご用意したサイトです。

長期で入所することを目的とはしておらず、短期間で在宅に復帰するための中間施設のような役割を果たします。

最後に療養医療施設です。こちらは医療行為が常時必要な人のための施設です。透析や経管栄養など日常生活で必要な行為を安心して受けるための施設で、どちらかといえば重度の利用者が多くを占めます。



このように介護ホームには特色があり、地域差や施設によって同じ施設でも差異があります。

利用にあたっては見学を行って違いを吟味することが大切になります。話し合いだけではなく、実際に足を運び特色を肌で感じてみてはいかがでしょうか。